top of page

小舟かぐやキャラクターボイス収録現場に密着!

2023年12月某日、都内のレコーディングスタジオにて小舟かぐやのキャラクターボイスの収録が行われました。

 

声優の世界では、キャラクターボイスの収録は作品に魂を吹き込む重要なステップです。この記事では、プロの声優がどのようにしてキャラクターに命を吹き込むのか、その裏側に迫ります。それでは録音ブースの扉を開けて、魅力的な世界を覗いてみましょう!

 

準備の重要性

キャラクターボイスの収録は、事前の準備が肝心です。声優は役柄や作品の雰囲気を理解し、キャラクターになりきるための情報を収集します。脚本やキャラクターの背景を熟読し、そのキャラクターが置かれる状況や感情を把握することが不可欠です。

福緒唯さんとは事前に何度も打ち合わせをしました。

 



声の表現力

声優はセリフの朗読以上の表現力を求められます。キャラクターの感情や性格に合わせて声のトーンやリズムを変え、聴衆にキャラクターの奥深さを伝えるのが重要になります。

声の使い方がキャラクターの個性を際立たせるのです。

 




録音ブースの中では

収録は録音ブースで行われます。声優は演技の前にリラックスし、キャラクターに入り込むための準備を整えます。録音中はディレクターとのコミュニケーションも欠かせません。実際にこの日はディレクターと打ち合わせながら、何度もセリフを繰り返し確認作業を行なっていました。




テイクの選定と修正

録音が終わったら、声優とディレクターはテイクを振り返ります。最適なテイクを選定し、必要に応じて修正を行います。微調整やリテイクが行われ、最終的にキャラクターの声が作品にピッタリとはまるように作り上げていくのです。

 

このようなディレクターと声優とが共同作業を積み重ね、キャラクターに魂が込められていきます。

 

キャラクターボイスの収録は、声優が芸術的な表現力を発揮する場であり、作品に深みと魅力を与えます。声優の情熱と技術が結びついたとき、視聴者はキャラクターとの共感を感じ作品に引き込まれて行くでしょう。

 

今回収録されたかぐやの音声は、2024年3月23日〜4月6日まで行われる【千代田のさくら・お花見クルーズ】で、初お披露目になります。

 

このコラムを読んで興味を持たれた方はぜひ【千代田のさくら・お花見クルーズ】へご参加下さい。




閲覧数:17回0件のコメント

関連記事

すべて表示

Comments


bottom of page