「常盤橋フォーラム」について

 常盤橋は大手町地区と日本橋地区にわたって架かる橋です。この橋の名を冠した「常盤橋フォーラム」は日本橋川両岸に位置する千代田区大手町地区と中央区日本橋地区に係わる各団体と行政により、江戸城正門出口に位置し、歴史的価値の高い史跡である「常盤橋公園」(千代田区大手町2-7-2)の活性化について話し合い、東京駅周辺から日本橋地区にかけての回遊性を高める連携を考えながらイベント等の活動を行う団体として発足し、活動しています。

2005年11月より、常盤橋公園周辺の環境美化活動を2月に1度の割合で実施。春には「常盤橋公園桜まつり」も開催し、多くの大手町、丸の内日本橋地域の企業の方たちに参加いただきました。

 しかしながら、2011年3.11の東日本大震災により、常盤橋公園は閉鎖され、明治10年都内最古の石橋である常磐橋も崩れたため、撤去されるという計画もありましたが、フォーラムを中心に常盤橋公園周辺の近隣連合町会による嘆願書の提出、学術団体の要請、区議会の協力により、解体修理、保存となり、2021年4月には解体修理完了後、一般公開をされました。

 解体修理中は情報交換会、公開講座を開催。2015年には東京都より、長年の日本橋川周辺の清掃活動を評価され、「東京都河川ボランティア表彰」受賞しました。

 さらに2019年には、首都高速都心環状線の神田橋ジャンクションから江戸橋ジャンクションまでの区間を地下化する都市計画の決定により、常磐橋下流の震災復興の2連アーチ橋の撤去が危惧されましたが、学術関係者、地元町会、千代田区議会によるシンポジウムの開催、東京都議会 第四回 定例会による樋口高顕議員(現千代田区長)による一般質問、第四回千代田定例議会において「首都高速都心環状線地下化工事に際して常盤橋の保存等を求める意見書」を千代田区議会より提出していただきました。

 2021年7月三菱地所株式会社の常盤橋地区におけるプロジェクト「TOKYO TORCH」「常盤橋タA棟」の竣工を受けて、千代田区議会、連合町会へむけての見学会なども開催しております。

 

□事務局 大丸有エリアマネジメント協会(リガーレ)

http://www.ligare.jp/

〒100-0005

東京都千代田区丸の内3-2-3 丸の内二重橋ビル6階

TEL:03-3287-7368 FAX:03-3287-5840

Email:shuhei_sanada@mec.co.jp

 

事務局長 岡田邦男                

常盤橋フォーラム

​活動のご紹介

常盤橋フォーラム活動のご紹介.png

首都高都心環状線地下化に際して常盤橋の保存を求める意見書

議会レポート.png

お見せします!
都内最古の石橋の裏
−常磐橋−

常磐橋区報.png

東京都議会第4回定例会

樋口高顕議員

一般質問

東京都議会一般質問.png